11月1日の予想(スワンS&アルテミスS)


もう11月なんですね。
今年も残すところあと2か月。今年の収支も、調整に入りたいところです。

11月1日は、2つの重賞をアップします。

京都11R スワンS(GⅡ)
◎ 2オリービン
〇 12サンライズメジャー
▲ 6ベルカント
×1、5、7、8、9、10、11、13

東京11R アルテミスS(G3)
◎ 5シャルール
〇 13ステラスターライト
▲ 3レッツゴードンキ
△ 9トーセンラーク
△ 18テンダリーヴォイス
△ 14メイショウメイゲツ
△ 16ココロノアイ
× 1、2、6、7、8、17

コメントなしですがアップします。公私ともに忙しく、馬券も買えるのか定かでない状況ですが・・・。
天皇賞については、改めてアップします。


2014-11-01予想
スポンサーサイト
[ 2014/10/31 23:37 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)

天皇賞の血統傾向


非常に仕事が忙しいです・・・。
でも、家に帰ってからのビールと週末の競馬を楽しみに、日々残業に打ち込んでおります。

さて、今日は、天皇賞の過去の血統傾向についてアップします。

2014天皇賞血統傾向

表からは、サンデー系が有利でありますが、必ずしもサンデー系でなければならないというわけでもなさそうです。東京芝2000mの実績ではサンデー系のディープ産駒が最も複勝率が高いですが、意外にも天皇賞には、2013年のジェンティルドンナ(2着)とダノンバラード(16着)しか出走したことがないんですね。今年は再びジェンティルドンナが登録していますが、スピルバーク、デニムアンドルビー、マーティンボロなど、ディープ産駒が登録していますので、出走してきたら警戒したほうがいいのかもしれません。
その他の血統では、トニービン内包の馬やキングマンボ系、ロベルト系も注意が必要です。

血統と若干それるかもしれませんが、リピーターが多いレースだと思います。エイシンフラッシュしかり、ペルーサしかり、ウオッカしかり・・。それだけ、特殊なレースであるということの裏付けでもあるのだと思います。

私の予想方法で何が本命になるのか個人的にも楽しみですが、週末に予想をアップしたいと思います。
また本ブログに遊びにお越しください。



[ 2014/10/29 22:27 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)

10月25日及び26日の結果


今週は、いいところがありませんでした。
私の予想方法も、勉強しなければいけないところもたくさんあると痛感いたしました・・・。

さて、菊花賞を勝ったトーホウジャッカルですが、デビューが遅かったものの、素質を十分に持ち備えており、レコードを大幅に塗りかえて優勝となりました。

とにもかくにも、3冠レースを1つでも勝つのは容易ではありません。
毎年毎年、競馬を見ていますが、3冠馬になるのは本当に強い馬であるからこそ。
今年の3冠レースは、それぞれ別の馬が勝ちましたが、菊花賞は、これはこれでいいレースであったと思います。

今後、天皇賞のイスラボニータなど、3歳馬と古馬の対決を見ながら、今年の有馬記念まで毎週のドラマを楽しんでいきたいと思います。


2014-10-2526結果

[ 2014/10/27 22:52 ] 結果 | TB(0) | CM(0)

10月26日の血統予想(菊花賞)


始めにお断りしておきます!!
菊花賞や天皇賞などの特殊距離でサンプル数が少ない競馬には、本予想は向いておりません。

(※どうしても各産駒成績のサンプル数がある程度揃っていないと、予想の集計結果のブレが激しいので・・・。)


ということで、いつもと違う方法で予想します。系統を中心に予想を組み立てて、近走能力指数を完全に無視して印を打ちました。下記の集計結果中、青枠内の血統適性指数の高い馬から馬券を買っていきます。

◎ 9ハギノハイブリッド
〇 14トゥザワールド
▲ 6ショウナンラグーン
注 10ゴールドアクター
注 15ワンアンドオンリー
× 2、4、5、11、12、13

金曜日にブログをアップした際にも申し上げましたが、サンデー系、ロベルト系が強いレースで、トニービンやメジロマックイーンの血を持つ馬など、長距離に実績がある馬がよく馬券になっているという傾向があります。

(金曜日の記事⇒http://keibakettou2014.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
本命にした◎ハギノハイブリッドは父タニノギムレットということで、タニノギムレット産駒の成績は京都3000mで実績がありませんが、前述のロベルト系です。昨年の勝ち馬エピファネイアも父ロベルト系であり、過去にも人気薄で好走するなどロベルト系は菊花賞に相性のいい血統と言ってもいいでしょう。また、母父トニービンというのがいいですね。ここは人気がないですが、本命として推奨します。また、▲ショウナンラグーンと注ゴールドアクターも父ロベルト系ですので、注目です。

対抗トゥザワールドですが、キングマンボ系×サンデー系ですが、過去にローズキングダムが1番人気で2着となったことがあります。私の予想だと、本当はこれを本命にしなければいけないのですが、いわゆるここが集計のぶれ。金曜日にの血統傾向とあまりにも乖離した集計結果となったため、恣意的に対抗に落としました。


なんだかすみません。

今日は、できれば予想をアップしたくなかったのですが・・・、こんな予想方法でご容赦ください。

そんなこんなで馬券も遊びで買う程度にとどめる予定です。
(来週には、楽しみな天皇賞もありますから・・・)




2014-10-26予想




[ 2014/10/26 03:45 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)

10月25日の血統予想(富士S)

東京の秋開催も3週目。
私の住んでいる町は、ここ数日の寒さで、山の木々が色づき始めました。
ますますこれから秋が深まっていくんだなーと、会社の窓から眺めていました。
競馬のほうも、秋の深まりとともに、GⅠレースが年末まで組まれ、盛り上がりを見せています。

先週の予想後に、ブログをご覧になっている方から、コメントが寄せられております。貴重なご意見を踏まえまして、今週から予想のシートをより見やすくなるようリニューアルしております。
内容としましては、縦軸、横軸の偏差値の補助線を追加し、これまでクロス集計の4つのマスを細分化しております。



さて、明日の菊花賞は、後程ということで、土曜日の重賞富士Sの予想をアップします。

◎ 14ダノンシャーク
〇 16ステファノス
▲ 12ミトラ
△ 4ロサギガンティア
注 1トーセンレーヴ
×2、9、13、15

東京の1600m、やはりディープインパクト産駒の血統適性が高く出ています。
本命は、◎ダノンシャークですが、言うまでもなく東京の適性が高く、昨年のこのレース勝ち馬であります。
富士S以外にも、東京芝1600mのGⅠで3着、4着と好走するなど、適性だけでなく十分に素質もあります。
現在のところ人気ですが、ここから入りたいと思います。

本命が人気ですので、馬連を中心として、◎-〇▲△注-〇▲△注×の三連複を買う予定です。




2014-10-25予想

↓↓↓ブログランキングに参加しています。↓↓↓
        競馬ブログ・ランキング


[ 2014/10/25 04:03 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)

菊花賞の過去の血統傾向

おはようございます。
菊花賞の過去の血統傾向について、触れておきたいと思います。

2014菊花賞血統傾向

ご覧のとおり、サンデー系とロベルト系が圧倒的に馬券に絡んでいることが確認できます。
また、トニービンやメジロマックイーンなど、サンデー系以外でも長距離に適性が高い血統の好走が目立っています。

ディープインパクト産駒はというと、過去に13頭が3000m出走し、馬券になったのは、上記の2013年2着サトノノブレスと2011年3着トーセンラーのみです。意外と成績悪いなぁという印象を持っています。

京都芝3000mは、サンプル数が少ない競馬ですので、集計結果はあまり信頼でいないと思いますが、また改めて、予想をアップします。



[ 2014/10/24 06:03 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)

10月18日及び19日の結果


土日の両重賞とも、的中となりました。
人気サイドではありましたが、特に秋華賞は、ショウナンパンドラを本命にできたことがよかったと思っています。
秋華賞をハイペースの中で内を突いて差しきったショウナンパンドラは、展開利や好騎乗もありましたが勝ちは勝ちです。この馬は、春と違って別馬のように成長していたという証を示した一戦であったと思います。何よりも良血馬です。今後の活躍も、また繁殖の活躍も期待できる一頭だと思います。

さて、来週は、牡馬の3冠目の菊花賞(GⅠ)です。
はじめから泣き言を言いますが、来週の私の菊花賞の予想は、期待できないと思います。と言うのも、3000mなどの特殊距離で産駒のサンプル数が少ないほど、この予想の精度が落ちることが過去の予想結果からはっきりしています。
しかし、ダービー馬が参戦するとあって個人的にはレースを楽しみにしています。予想は、アップする予定でいますが、どうぞ参考程度にご覧ください。


2014-10-1819結果
※日曜日に追加で公開した予想については、結果として掲載をしていません。

↓↓↓ブログランキングに参加しています。↓↓↓
        競馬ブログ・ランキング


[ 2014/10/20 22:45 ] 結果 | TB(0) | CM(0)

10月19日の血統予想(秋華賞)


土曜競馬お疲れ様でした。

さて、明日は秋華賞ですね!
10年前くらいは、荒れるGⅠのイメージでしたが、ここのところ人気サイドでの決着も目立ちます。
はたして今年の秋華賞は、どうなるのでしょうか。今のところのオッズは、ヌーヴォレコルト一強ムードですが、私の予想は、以下のとおり、違う馬が本命となりました。

◎ 6ショウナンパンドラ
〇 12タガノエトワール
▲ 18セウアズール
△ 2レーヴデトワール
△ 8レッドリヴェール
注 4ヌーヴォレコルト
× 1、14、16、17

本命は、ベタにディープ産駒の◎ショウナンパンドラとなりました。ディープの同コース適性は、言うまでもありません。ただ、ディープ産駒は回収率が低いのが特徴であるので、人気で走る傾向にあると言えます。現在のところ、3番人気ですので、軸候補としてはまずまずではないでしょうか。

また、このレースは、ノーザンダンサー系が父又は母父である馬の好走が目立ちます。◎ショウナンパンドラの母父はフレンチデピュティであり、これに該当しています。

参考までに、ノーザンダンサー系のうち、ヴァイスリージェント系に限っていいうと、
2011年 3着(1番人気) ホエールキャプチャ(父クロフネ)
2010年 1着(1番人気) アパパネ(母父Salt Lake)
2010年 2着(6番人気) アニメイトバイオ(母父フレンチデピュティ)
2008年 3着(16番人気) プロヴィナージュ(父フレンチデピュティ)
であります。

ショウナンパンドラが2走前に勝利した糸魚川特別は、2着に負かした3歳牡馬メイクアップが後にセントライト記念でイスラボニータの0.6秒差6着になるなど、レベルは確かであったと思います。ここは、ショウナンパンドラを軸として推奨いたします。

馬券は、◎の単複と◎-〇▲△注-〇▲△注×の三連複を買う予定です。


2014-10-19予想

↓↓↓ブログランキングに参加しています。↓↓↓
        競馬ブログ・ランキング

[ 2014/10/18 16:59 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(5)

10月18日の血統予想(府中牝馬S)


台風も去り、今週末は好天の行楽日和になりそうです。

今日は、府中牝馬Sを予想しました。

◎ 3スマートレイアー
〇 2キャトルフィーユ
注 4ウリウリ
注 13オツウ
× 1、5、6、9、11、12、13

先週の、毎日王冠に続き、芝1800mで重賞が組まれています。
本命対抗は、ディープインパクト産駒となりました。どうしても、同産駒を買わなければなりません。
先週の東京芝1800mの傾向を見ていると、グレイソブリン系がよく馬券になっているように感じました。、(←感覚的に)
現に、毎日王冠を買ったエアソミュールも父ジャングルポケットですし、2着だったサンレイレーザーの母父Cozzeneもグレイソブリン系です。元々、東京の芝は、昔からトニービンに代表されるようにグレイソブリン系は相性のいいコースです。
今回、本命対抗に推した2頭も、母系にグレイソブリンの血を持っているので、心強く思っています。
注13オツウも父ハーツクライなので、父母トニービンとあって、人気がないですが警戒しておきます。

馬券は、◎-〇の馬連・ワイドと、◎-〇から三連系馬券を少々買う予定です。

秋華賞の予想は、また、改めてアップします。


2014-10-18予想

↓↓↓ブログランキングに参加しています。↓↓↓
        競馬ブログ・ランキング

[ 2014/10/18 05:12 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)

10月11日、12日、13日及び14日の結果


台風が過ぎましたね。
前評判ほど大きな影響は出なかったように思います。
警察、消防、自治体職員などは、台風が夜間に接近したことに伴い、徹夜での対応などされたことと思います。お疲れ様でした。

競馬も、台風の影響を受け、もともと3連休で3日間開催であったものが、京都競馬が代替開催となり実質4日間開催となりました。中3日でもう今週の競馬があるので、違和感があります。

さて、先週は、比較的軸候補ゾーンの馬がよく複勝圏内に入線し、馬券的にも良い結果となりました。
日曜日には、東京競馬場で久しぶりの生観戦もできて、本当に満足のいく週末となりました。

以下に結果をアップします。

2014-10-11121314結果


↓↓↓ブログランキングに参加しています。↓↓↓
        競馬ブログ・ランキング
[ 2014/10/15 23:35 ] 結果 | TB(0) | CM(4)